プロバイダー料金 節約

プロバイダー料金を節約するには?

光インターネットでは特にそうですが、多くの固定回線インターネットはNTTなどの回線業者から物理的な回線が提供されていますので、全国的に見れば回x線自体には選択肢がないという地域がほとんどです。

 

固定回線を廃してモバイル一本にしてしまうという選択肢も有るのですが、やはり回線の安定性や速度という点では、まだまだ課題の多いモバイルインターネットに頼りきってしまうのは、かなり勇気のいる決断です。

 

そうした中でネット接続料金を節約しようと思えば、自然、プロバイダー料金を節約するという方向性に進まざるをえないでしょう。

 

プロバイダー料金を節約する方法は、「オプションを止める」か「プロバイダーを変更する」の2択になります。また、別の観点としては「加入キャンペーンを上手に利用する」というものも有ります。

 

まず「オプションを止める・減らす」というのはわかりやすいでしょう。何らかの有料オプションを現在利用しているのなら、それを停止することで当然プロバイダー料金は減ります。

 

(請求書上は「オプションサービス料」として別計算されていることも多いですが)この場合の問題は、そのオプションサービスが停止してもよいものなのか、若しくは別の手段で代替できるものなのかという点でしょう。

 

例えばIP電話がオプションサービスだとして、もう完全に携帯電話中心の生活であるというのであれば、IP電話サービスを停止してしまうのも手です。若しくは、加入時に選ばないというのも同じ方向性です。

 

また、プロバイダーで提供しているウィルス対策やファイアウォール機能を、自前のソフトで賄えるのであれば、お金を払ってまでプロバイダーにお願いする必要はないと言えます。

 

このあたりは個々の判断によるものなので一概には言えませんが、大体のサービスは他の方法でも代替できるというは確かです。ただ、そもそも有料オプションなどを全く使っていないのであれば、削り様が有りませんので別の方法を考える必要があります。

 

プロバイダーを変更するのは、多くの人が選べる有効なプロバイダー料金節約法です。プロバイダーの費用設定はそれぞれに異なりますので、似たような内容でより安いプロバイダーに乗り換えれば、その分節約になります。

 

ただし、このパターンで気をつけないといけないのが、「契約期間の縛りがないか」という点です。特に、何らかの割引や特典のついたキャンペーンを介して加入した場合、2年縛りで期間内契約解除に違約金が発生するということもあります。節約のために違約金を払うのは本末転倒ですので、注意が必要です。

 

>> プロバイダー料金ランキングはこちら <<


キャンペーンを利用してプロバイダー料金の節約?

プロバイダー料金という点では直接的ではありませんが、プロバイダー選びの中で総合的に得をしようと思えば気にかけるべきなのが各種キャンペーンの利用です。

 

例えば、光ファイバーでインターネットを始めようという場合、大体の地域の回線はNTTが提供していますので、基礎的な部分での費用は余り変わりません。

 

そこにプロバイダー料金やオプションサービス費用などが乗っかって、最終的な月額費用となるのですが、ここでいわゆる「実質費用」というものが出てきます。

 

これは、契約上の月額費用は変わらなくても、別枠で割引が入ったり、初期費用が無料になったり、プロバイダー料金が数ヶ月間無料になったり、果ては一定期間利用後に現金や商品券でキャッシュバックがあったりという様に、キャンペーン特典をつけることで、最終的な支払額が変動することから生じてきている表現です。

 

価格コムあたりで調べるとよく分かるのですが、プロバイダー毎の費用の違いは、プロバイダー費用設定などにももちろん現れますが、かなりの部分がこのキャンペーンの内容で違いが出ています。

 

こうしたキャンペーンは、多額のキャッシュバックを行なっているプロバイダーなども有って、通常だと5〜6千円はする月額費用が、特典含めて実質1千円程度になっているという例も見られます。

 

もちろん、割引が適用される期間は数ヶ月から1年程度であり、キャッシュバックなども一度きりで、長年使い続ければ、合計費用には大差なくなるのがほとんどなのですが、1〜2年ぐらいの中短期で見れば、かなりの費用差を生み出します。

 

ただし、キャンペーンの利用は幾つかの注意点も有ります。

 

それは各種契約に関する制約が発生するのが普通であるということです。最も多いのは利用期間に対する制約でしょう。多くの場合は1年以上や2年間利用が条件といった縛りが付いており、その期間に満たないうちに利用を止めると違約金が発生するようなこともよく有ります。

 

また、現金・商品券によるキャッシュバックは、一定期間利用後に初めて実際に受け取れるという形を取っているキャンペーンもよく見ます。

 

別の制約としては、キャンペーン利用して申し込める接続コースが固定というパターンもよく見ます。後、そのプロバイダーでのインターネット接続利用が初めてというのが条件なのは、非常によくあるパターンです。

 

いずれにせよ、キャンペーンを利用してプロバイダー費用などを安くしようと思えば、良くキャンペーン条件や規定を読んで理解しておく必要が有ります。

 

>> プロバイダー料金ランキングはこちら <<


プロバイダー料金節約?知らずに契約するサービス【必要性を見直そう】関連ページ

プロバイダー料金の相場
プロバイダー料金には、ある程度【相場】というものがあります。料金の平均としてどれぐらいが基準になっているのかを知っておけば、払い過ぎなどの心配がありませんから安心です。
プロバイダー料金とオプション費用
プロバイダー料金のオプション費用というのは、ウイルス対策やフィルタリングサービス、テレビや電話などの料金のことです。ここが適正かどうかを知っておけば、料金の不満を解消できるかも。
プロバイダー料金の支払い
プロバイダー料金の支払いをまとめてしまうプロバイダーパックがお得です。料金をまとめてしまうだけでなく、12ヵ月契約や24ヵ月契約で料金をさらに安くすることができるところもあります。
プロバイダー料金とMVNO
MVNOというのは、無線通信設備を借りてサービスを提供する事業者のことで、日本通信などが有名ですね。いろいろな会社が参入を開始していて、中には低速通信ながらも1ヵ月で1,000円以下のところも。

トップページ 料金徹底比較 料金ランキング よくある質問 NTT公式サイト