プロバイダー料金 比較

プロバイダー料金って気になりますよね?今選ばれているのはこちら

安くて無料期間が多いプロバイダ






Tポイントが貯まる&ヤフオク無料






初心者でもネットにつなげられる充実サポート





プロバイダー料金とは、どう決まる?インターネット接続費用の内訳

現在、我々が生活のあちこちで何気なく利用しているインターネット。このインターネット接続は、一部公共施設のフリースポットなどを除いて、何らかの有料サービスとして提供されているのが普通です。

 

インターネットのサービス利用料金は、全体としての金額はともかく、内訳は結構複雑な構造になっている事が多く見受けられます。

 

例えば、ある家庭で光ファイバーインターネット接続を利用すると、一般的な料金内訳は「プロバイダー料金」「回線使用料(NTTなど)」「回線接続機器レンタル料」「屋内回線利用料」と言った具合に成ります。

 

この内、回線使用料と屋内回線使用料と言った回線関係の料金は、そのインターネット回線を物理的に提供している業者へと支払われる費用です。そして、プロバイダー料金というものがインターネットサービスプロバイダーに支払われる費用となります。

 

このプロバイダー料金は、今挙げた例のようにその他の費用と併せてですが、あくまでも別の費用として計上されているのが一般的です。選べるプロバイダーが固定されているようなサービス(ケーブルテレビインターネットなどに多く見られます)では、プロバイダー料金が別計上されずに利用料で一括されていることも有りますが、大体は別の費用として計上されています。

 

携帯やスマホによるモバイルインターネットで、実質プロバイダー固定の場合でも請求書を見ればプロバイダー料金が別計算で請求されているのがわかるでしょう。

 

プロバイダーが選べるようなインターネット接続では、当然プロバイダー料金が別計上されますし、契約によっては別に支払うことも有り得ます。このプロバイダー料金は、プロバイダー毎に異なりますので、価格を重視したり、サービスを重視したりといった理由でプロバイダーを変えるのは別段珍しい話では有りません。
そうなれば当然、プロバイダー費用を別で支払ったり出来なければ困ってしまいます。

 

新規加入キャンペーン等では、このプロバイダー料金がある程度の期間にわたって無料になるというキャンペーンも割合と見かけます。現在、インターネット、特に光ファイバーなどの固定回線を申し込もうと思えば、申し込む先は各プロバイダーになりますので、各社とも新規や乗り換えの顧客を掴むために、自社利益分の下げやすい部分を優先して下げて価格競争に励んでいるようです。

 

プロバイダー毎のサービスにはなかなか明確な差がつきにくいため、多くのプロバイダーがプロバイダー料金での値下げ競争で競争力を強化せざるを得ないという事情も、そこには有るのでしょう。

 

>> プロバイダー料金ランキングはこちら <<


プロバイダーの役割って何?

インターネットはその構造上、パソコンや携帯、スマホなどから直接回線を繋いだからといって、すぐにネットワーク接続出来るわけではありません。ネットワーク上で認識できるIPアドレスというものを取得しなければ、データを受信することも送信することも出来ません。

 

インターネットという非限定的な世界において、データをやり取りする端末が「ここにいるよ!」と存在を主張するためには少なくともひとつ以上のグローバルIPアドレスというものが必要になります。このグローバルIPアドレスを回線提供者から提供されて、個々の利用者とインターネットを繋ぐ役割をしているのが、「プロバイダー」です。

 

もっと簡単に言ってしまえば、「利用者にネット上の席を用意する」「インターネットと利用者の端末を実際につなぐ」役割をしているのがプロバイダーです。

 

そして、これに幾つかの付帯サービスを付けたものを接続サービスとして販売し、プロバイダー料金というものを利用者から回収して利益にするわけです。

 

グローバルIPを取得するためには、事業者として各種手続きが必要になりますので、個人で直接というのは現実的ではありません。

 

そうした訳で、実際の形としては必ず何処かのISP(インターネットサービスプロバイダー)と契約して、インターネット接続を「分けてもらう」必要があるわけです。

 

純粋な接続サービスの他にも、プロバイダーは色々なサービスを提供しています。代表的なところでは「電子メールアドレス」「ホームページ領域提供」「ファイアウォール機能」「パケットフィルタリング」「ウィルス対策」「迷惑メール対策」「IP電話」といったところでしょうか。

 

細かくは説明しませんが、これらのサービスは基本のプロバイダー料金に含まれているサービスもあれば、オプションで選択して追加料金が必要なサービスも有ります。

 

近年の傾向としては、メールもフリーのWebメールが便利になってきていますし(むしろスマホとの連携はWebメールのほうが優秀です)。ホームページもブログやSNS利用者の比率が増えていますので、あまりサービスとして前面にアピールされることは有りません。

 

方向性的には余分なサービスを削って、プロバイダー料金を値下げするという方向で進んでいるように思われます。ネット接続全体の中でモバイルインターネットの割合が、急ピッチで増加し続けて、インターネットサービスそのものが変遷してきているのも大きな理由でしょう。

 

>> プロバイダー料金ランキングはこちら <<


フレッツ光のプロバイダを料金の安さで選ぶなら


プロバイダー料金比較?安く契約するコツ【フレッツ光最安はココ!】
プロバイダー料金比較?安く契約するコツ【フレッツ光最安はココ!】 プロバイダー料金比較?安く契約するコツ【フレッツ光最安はココ!】
プロバイダー料金比較?安く契約するコツ【フレッツ光最安はココ!】
プロバイダー料金比較?安く契約するコツ【フレッツ光最安はココ!】
プロバイダー料金比較?安く契約するコツ【フレッツ光最安はココ!】

トップページ 料金徹底比較 料金ランキング よくある質問 NTT公式サイト