プロバイダー料金比較

光プロバイダー料金が安いのは?比較ランキングはこちら!

安くて無料期間が多いプロバイダ






Tポイントが貯まる&ヤフオク無料






初心者でもネットにつなげられる充実サポート





プロバイダー料金とは、どう決まる?インターネット接続費用の内訳

現在、我々が生活のあちこちで何気なく利用している光インターネット。このインターネット接続は、一部公共施設のフリースポットなどを除いて、何らかの有料サービスとして提供されているのが普通です。

 

インターネットのサービス利用料金は、全体としての金額はともかく、内訳は結構複雑な構造になっている事が多く見受けられます。

 

例えば、ある家庭で光ファイバーインターネット接続を利用すると、一般的な料金内訳は「プロバイダー料金」「回線使用料(NTTなど)」「回線接続機器レンタル料」「屋内回線利用料」と言った具合に成ります。

 

この内、回線使用料と屋内回線使用料と言った回線関係の料金は、そのインターネット回線を物理的に提供している業者へと支払われる費用です。そして、プロバイダー料金というものがインターネットサービスプロバイダーに支払われる費用となります。

 

このプロバイダー料金は、今挙げた例のようにその他の費用と併せてですが、あくまでも別の費用として計上されているのが一般的です。選べるプロバイダーが固定されているようなサービス(ケーブルテレビインターネットなどに多く見られます)では、プロバイダー料金が別計上されずに利用料で一括されていることも有りますが、大体は別の費用として計上されています。

 

携帯やスマホによるモバイルインターネットで、実質プロバイダー固定の場合でも請求書を見ればプロバイダー料金が別計算で請求されているのがわかるでしょう。

 

プロバイダーが選べるようなインターネット接続では、当然プロバイダー料金が別計上されますし、契約によっては別に支払うことも有り得ます。このプロバイダ使用料は、プロバイダー毎に異なりますので、価格を重視したり、サービスを重視したりといった理由でプロバイダーを変えるのは別段珍しい話では有りません。
そうなれば当然、プロバイダー費用を別で支払ったり出来なければ困ってしまいます。

 

新規加入キャンペーン等では、このプロバイダ使用料がある程度の期間にわたって無料になるというキャンペーンも割合と見かけます。現在、インターネット、特に光ファイバーなどの固定回線を申し込もうと思えば、申し込む先は各プロバイダーになりますので、各社とも新規や乗り換えの顧客を掴むために、自社利益分の下げやすい部分を優先して下げて価格競争に励んでいるようです。

 

プロバイダー毎のサービスにはなかなか明確な差がつきにくいため、多くのプロバイダーがプロバイダ使用料での値下げ競争で競争力を強化せざるを得ないという事情も、そこには有るのでしょう。

 

>> プロバイダー料金ランキングはこちら <<


プロバイダーの役割って何?

インターネットはその構造上、パソコンや携帯、スマホなどから直接、光回線を繋いだからといって、すぐにネットワーク接続が出来るわけではありません。ネットワーク上で認識できるIPアドレスというものを取得しなければ、データを受信することも送信することも出来ません。

 

インターネットという非限定的な世界において、データをやり取りする端末が「ここにいるよ!」と存在を主張するためには少なくともひとつ以上のグローバルIPアドレスというものが必要になります。このグローバルIPアドレスを回線提供者から提供されて、個々の利用者とインターネットを繋ぐ役割をしているのが、「プロバイダー」です。

 

もっと簡単に言ってしまえば、「利用者にネット上の席を用意する」「インターネットと利用者の端末を実際につなぐ」役割をしているのがプロバイダーです。そして、これに幾つかの付帯サービスを付けたものを接続サービスとして販売し、プロバイダー料金というものを利用者から回収して利益にするわけです。

 

グローバルIPを取得するためには、事業者として各種手続きが必要になりますので、個人で直接というのは現実的ではありません。そうした訳で、実際の形としては必ず何処かのISP(インターネットサービスプロバイダー)と契約して、インターネット接続を「分けてもらう」必要があるわけです。

 

純粋な接続サービスの他にも、プロバイダーは色々なサービスを提供しています。代表的なところでは「電子メールアドレス」「ホームページ領域提供」「ファイアウォール機能」「パケットフィルタリング」「ウィルス対策」「迷惑メール対策」「IP電話」といったところでしょうか。

 

細かくは説明しませんが、これらのサービスは基本料のプロバイダー料金に含まれているサービスもあれば、オプションで選択して追加料金が必要なサービスも有ります。

 

近年の傾向としては、メールもフリーのWebメールが便利になってきていますし(むしろスマホとの連携はWebメールのほうが優秀です)。ホームページもブログやSNS利用者の比率が増えていますので、あまりサービスとして前面にアピールされることは有りません。

 

方向性的には余分なサービスを削って、プロバイダー料金を値下げするという方向で進んでいるように思われます。ネット接続全体の中でモバイルインターネットの割合が、急ピッチで増加し続けて、インターネットサービスそのものが変遷してきているのも大きな理由でしょう。

 

>> プロバイダー料金ランキングはこちら <<


プロバイダーを決めるには?

image

光回線といえばまず最初にNTTのBフレッツを連想する人も多いのではないでしょうか。これからのブロードバンドは確実に「光回線」の時代。ADSL回線やISDNから光インターネットに乗り換えるとまずその通信速度に驚きます。

 

動画などのコンテンツを見ている途中に「読み込み中」なって映像がスムーズに見れなかったり、容量の大きいゲームなどをダウンロードするのに膨大な時間が掛かったりとイライラした経験ありますよね。

 

そういった悩みは光回線では一切感じることがないので、ストレスなくネット環境を楽しむ事が出来るのです。ではどのようにしてプロバイダーを決めていけばよいのでしょうか?

 

まず光回線を利用する場合、自分の住居にまで光ファイバーが通っているかどうかを確認する必要があります。

 

これは戸建て(ファミリータイプ)と集合住宅(マンションタイプ)と言った住環境の違いでも大きく変わりますが、集合住宅(マンションタイプ)の場合だと、同じ敷地内で契約を共有する形となるので、まずは自分のマンションで使える状況か確認する必要があるのですね。

 

最近では新しいマンションであればあらかじめ設備が整っているところが多いのでそのまま問題なく光インターネットが利用できるところも少なくありません。

 

次に戸建て(ファミリータイプ)の場合ですが自分の家にまでケーブルを引っ張ってこなくてはならないため工事が必要となります。工事のためには別途に工事費用が掛かってしまうので初期費用の負担が出てきます。

 

ただインターネットを提供しているプロバイダーの中には年に数回程度、初期工事費用を無料にするなどのキャンペーンを行っているところもあるので安く上げたい場合にはこのようなプロバイダーを利用するのも一つの方法であると言えるでしょう。

 

インターネットを提供しているプロバイダーにはそれぞれ特徴があるので、月額利用料などと一緒にそれらの特徴も合わせて比較・検討することが大切。

 

光回線の料金は光回線の利用料金とプロバイダー料金によって成り立っています。光回線の場合、月々の利用料は大きく分けて回線使用料とプロバイダー料金の2種類があります。ADSL回線の場合はプロバイダー料金と電話の基本料によって成り立っていましたが、光回線の場合は電話回線を使用せず、引き込んだ光回線の使用料がかかるのです。

 

キャンペーンを利用すると最初の1年や2年はかなり割安の料金設定となっているところが多いので料金の比較は3年から5年ベースで考えるのが得策です。また、オプションサービスを利用するかどうかでも変わってきますから、基本料だけでなく自分にとって理想的なネット環境を構築した場合にどれぐらいの負担がかかるのかを調べる必要があるのです。

 

またNTT以外では光回線を利用すると固定電話代も、通信料すべてを考えてトータルで安くなるところを選ぶのもポイントのひとつだと言えます。さらに、インターネットはもちろん、電話、テレビと楽しむ事が出るので提供しているサービスの質も一緒に比較しておくとより満足度が高まると言えるでしょう。

 

>> プロバイダー料金ランキングはこちら <<

光回線の種類はどれぐらいあるの?

image

光回線は現在NTT東日本・NTT西日本が提供している「フレッツ光」とKDDIの「auひかり」が広く知られています。導入を検討する場合にはまずこの2つを比較・検討するところからはじめることになるでしょう。

 

また、これらの光回線にはさまざまなプランが用意されており、居住環境や料金に合ったものを利用することが必要になります。

 

まずNTTとKDDIの大きな違いとして通信速度が挙げられます。NTTでは100Mbpsなのに対し、KDDIのギガ得プランでは1Gbpsの高速インターネットを実現。速度の面ではKDDIの方が大きく勝っている状況です。それからサービスエリア。どれだけ広範囲でサービスの提供が可能かという点ではNTTの方が勝っており、KDDIは都市部に限定されている面があります。

 

光回線の種類では戸建て向け(ファミリータイプ)か、マンション向け(マンションタイプ)かでも分けられます。戸建て(ファミリータイプ)の場合はその建物内に光ファイバーケーブルを引き込む工事が必要ですが、マンションタイプの集合住宅の場合はすでにケーブルが引き込まれており、それを接続するための工事だけが必要になる場合もあるのです

 

また、マンションタイプの集合住宅の場合一定の戸数の契約が見込まれる場合には料金が安くなるメリットもあります。逆に戸建て(ファミリータイプ)では家族全員が快適に光回線を利用できるプランも用意されています。

 

光回線の最大の特徴は通信速度の速さ。それから安定性にあります。ADSLの場合、最寄の電話局からの距離や、周囲の妨害電波などによって通信速度が遅くなってしまうことが多くなります。契約した通信速度がそのまま反映されることは滅多になく、その数分の1程度に劣化した状態で届けられるのが一般的です。

 

このように、auひかりやフレッツ光などの光回線はプランやサービスによってさまざまな種類があります。その中でもフレッツ光回線タイプの一部をご紹介します。

 

【フレッツ光ライト】
・光回線ならではの高速の通信速度。
・基本料が安い。
・ひかりTVやひかり電話Aが利用できる。

 

【フレッツ光ネクストファミリー/スマートタイプ】
・光回線ならではの高速の通信速度。
・サイトや動画もスムーズに再生できる。
・災害対策や復旧対応に優れたNTT回線。

 

【OCN光withフレッツ】
・格安月額利用料で1Gbpsの高速インターネットが使える。
・スマホとセットで毎月200円割引。
・工事不要で簡単に手続きができる。

 

などがあります。それに加えてプロバイダーの選択も出てきます。もちろん料金の問題も重要になってくるでしょう。

 

しかし、光回線の導入の際には事前に注意しておかなければならない場合があります。それはサービスエリア・地域の問題です。つまり、全国どこででも導入できるというわけではないのです。現時点ではADSLに比べてサービスエリアが限定されている状況のため、住んでいる地域によっては導入できないケースもあるのです。

 

では、光回線のサービスエリアを確認するためにはどうすればよいのでしょうか。もっとも手っ取り早い方法はNTTのフレッツ光の公式サイトでの確認です。このサイトでは郵便番号を入力するだけでサービスエリアの範囲内かどうか、導入が可能かどうかをチェックすることができます。

 

どの種類が自分にもっとも適しているのか、さまざまな面に注目したうえで判断を下すとよいでしょう。

 

>> プロバイダー料金ランキングはこちら <<

ADSL回線から光回線へ乗り換えるには?

image

ADSL回線でインターネットを使っていたみなさんが光乗り換えを決意するには、たくさんのメリットがあるからそうしたんです。ただ流行に乗って踊らされている訳ではありません。そこのところをよくわかって欲しいと思います。

 

ADSL回線から光乗り換えをする最大のメリットはデータ通信速度のアップです。ADSL回線の場合には最大でも50Mbpsでしたが、光回線なら100Mbpsと2倍の速度を実現できます。いってみれば原付バイクから普通自動車に乗り換えたようなものです。原付バイクは最大でも時速30kmが限度ですが、普通自動車なら法定速度の60kmまで出すことができます。

 

インターネットサイトの画面をクリックして次のページが表示されるまで1〜2秒かかっていたものが、あっという間に切り替わり、まるで雑誌をめくっているのと同じような感覚でサイト閲覧することができるでしょう。

 

特に最近は動画サイトにハイビジョン動画が多く投稿されています。ADSL回線でカクカクコマ送りのような映像になっていたものが、滑らかに流れるように映ります。真央ちゃんのトリプルアクセルも、ヘビーローテーションのダンスも、華麗にかろやかに楽しめちゃうんです。

 

光回線のデータ通信速度がとても高速なので、ダウンロードが速いのも大きなメリットとしてあげられるでしょう。フリーソフトや音声ファイル、動画ファイルとダウンロードも日常的になってきています。待たされない、というのは作業が速く済み、ストレスも軽減されます。

 

光回線に乗り換えるとしても、これまでADSL回線で使ってきたプロバイダーを継続して利用することもできるでしょう。メールアカウントやセキュリティサービスを変更したくないユーザーもいるでしょう。プロバイダーのセキュリティサービスでも最初はソフトを素早くダウンロードしますし、OSなどのアップデートも早く終了します。

 

光回線への乗り換えをすると、一般固定電話回線をやめても普通に電話の通話ができるメリットも大きいものです。多くのプロバイダーがオプションサービスとして取り入れています。

 

ADSL回線はNTT固定電話のメタルケーブルを利用してのインターネットデータ通信でしたので、NTT一般固定電話に加入しているのが最低条件となっていました。光回線はまったく別の回線を利用しており、その名の通り光ファイバーケーブルを利用してのデータ通信になりますのでNTT一般固定電話を休止あるいは廃止して固定電話代の基本料を浮かすことができるのです。

 

ADSL回線+NTT固定電話の月額利用料と、光回線+ひかり電話Aの月額利用料を比較するとそれほどの差額はなく、料金的に負担なく光回線の高速インターネットを利用できるのは大きなメリットになるのです。

 

光乗り換えのメリットにはテレビや電話といった付加サービスの充実度もあげることができます。光回線だからできるハイビジョンのテレビ受信ができ、数十チャンネルの基本チャンネルにビデオコンテンツと、ケーブルテレビ並みのサービスを楽しめます。

 

ひかり電話Aや無線LANサービスなどはADSL回線同様利用できますし、セキュリティサービスのソフトダウンロードもスムーズです。

 

固定電話代は、長い時間話せばそれだけ通話料が上がり、長い距離離れた場所同士話せばそれだけ通話料が上がる。つまり、通話時間×通話距離=通話料みたいな仕組みになっていました。

 

一般固定電話を休止あるいは廃止扱いにすれば固定電話代の基本料も払う必要がなくなり、通話もひかり電話Aの無料通話だけならば通話料がまったくかからないで済むのです。何時間話そうと通話料は無料という無料通話が可能なんです。

 

>> プロバイダー料金ランキングはこちら <<

プロバイダーのキャンペーンとは?

image

キャンペーンを利用すれば1年間はプロバイダー料が無料になり、月々2000円台から光回線を利用することができます。初期費用もNTT東日本のエリアなら工事費用の割引価格が適用されて2940円で済ませることができます。NTT西日本でも4515円。導入時にかかる経済的負担の小ささが高い評価を得ています。

 

もっとも多いキャンペーンのタイプが月額利用料が一定期間無料になるタイプ。この場合どれぐらいの期間無料になるかがポイントです。期間は半年〜12ヶ月の範囲内で設定されているところが多く、当然長い方がお得になります。ただこれは基本料との兼ね合いもありますから期間の長さだけで判断しないようにしましょう。あと、最低利用期間以内での解約は違約金が必要になるので、注意が必要です。

 

その他にも、基本料にさまざまなサービスが含まれている業者と、基本料は最低限のサービスで別途にオプションを契約しなければならない業者とがありますからその辺の比較も求められます。

 

キャンペーンとしても初期工事費割引を使えませんから、月額利用料の割引や無料でお客を誘い込んでいます。

 

引越しの時の注意点もあります。NTT東日本 ⇒ NTT東日本、NTT西日本 ⇒ NTT西日本のような引っ越しの場合、解約ではなく移転手続きというものがあります。フレッツ光のキャンペーンは、新規契約時の一回しかうけられません。

 

注意点としてはNTTの光回線の場合はNTT東日本からNTT西日本のエリアへ引越しをする場合。この場合は同じサービス・プランでも料金が変わってきます。引越し先のエリアを確認し、必要ならば問い合わせをしたうえで手続きや料金について把握しておくようにしましょう。

 

たいていのキャンペーンでは、光回線の新規申し込みに対してかなりの値引きをしていますし、初期工事費無料キャンペーンもよく見かけますので、引越しはおおいに乗り換えのチャンスになるのです。

 

それ以外にもお得なキャンペーンが多数あります。たとえば現金のキャッシュバックやパソコンの低額での提供、ウイルスソフトの無料サービス、光回線の開設工事費用の割引など。

 

光回線の導入には初期費用がいろいろとかかりますから、うまく活用すれば格安の初期費用で光回線を導入することができます。業者ごとに異なる内容が用意されている場合は自分にとってどれが一番得なのかを判断することも求められると思います。申し込む際に適用されるキャンペーンの情報を把握したうえで比較しましょう。

 

>> プロバイダー料金ランキングはこちら <<

光回線の速度や料金はどう?

image

光回線の速度についてですが、同じ種類の回線とプロバイダーでも自治体によっても実際にでる速度は変わりますから、統一的な数値基準というのがないのですが、NTTのフレッツ光ネクストの場合平均的な数値が20〜30Mbps程度と言われています。

 

たまに測定結果がすごくいい数値を公開されている方がいますが、それは同一ネットワーク上のスピードテストを使った場合で、例えばギガ得プランでauひかりのスピードテストをやった場合や、NTTの工事のときに業者さんがチェックしているスピードテストの数値がいいのもこういう理由だと考えられます。

 

光回線の場合、月々の利用料は大きく分けて回線使用料とプロバイダー料金の2種類があります。ADSLの場合はプロバイダー料金と電話の基本料金によって成り立っていましたが、光回線の場合は電話回線を使用せず、引き込んだ光回線の使用料がかかるのです。

 

もうひとつは初期費用。光回線にはあらかじめ光ファイバーケーブルを住宅内に引き込む工事が必要になります。その費用と、登録料の2種類が必要になります。

 

建物の光回線を通す設備が、LAN配線方式であれば機器使用料は不要、VDSL方式という従来の電話線を使う方式は367.5円、戸建て住宅(ファミリータイプ)と同じ光配線方式は945円が上記の料金に加算されます。

 

集合住宅(マンションタイプ)で光回線を引いた方が、ひかり電話Aに申し込むとき、VDSL方式、LAN配線方式の場合ひかり電話ルーターという機器が必要になり、月472.5円がかかります。光配線方式の方は必要ありません。

 

フレッツのひかりTVは光配線方式だけのサービスです。ケーブルテレビよりもお得なことで人気のフレッツのひかりTVですが、光配線方式以外だと利用できません。アンテナ対策を個人でするタイプのマンションやアパートは気を付けましょう。

 

光回線に乗り換えることで、インターネットや携帯電話といった情報端末の支払いを一括でまとめることも可能になってきます。銀行引き落としサービスが始まり、各家庭を訪問する集金人はどんどん減っています。留守の家も多く集金が困難な上に、集金人を雇うより銀行引き落としの手数料のほうがお得だからです。

 

その後、携帯電話やインターネットといった新しいサービスが始まり、銀行引き落とし件数がドンドン増えていきました。銀行引き落としも一度で済みますから、口座残高を携帯にインターネットに固定電話にと個別に気にすることもなくなりますね。

 

月額利用料には、光回線終端装置の利用料も含まれています。NTT東日本、NTT西日本共に945円、auひかりでは非公開(基本料金に含まれているタイプ)、ソフトバンクやYahoo!は光回線を提供する業者ではありません。

 

ソフトバンクが提供している光回線のサービスが「Yahoo!BB光withフレッツ」ですが、もっとも高い評判を得ているのがプロバイダー料金の安さです。そしてYahoo!BB光withフレッツでは、オプションサービスが、BBフォン、BBセキュリティ、テレビに接続することで多彩な専門チャンネルが楽しめるサービスなど、用意されています。

 

各プロバイダーは通信データもオプションサービスもほとんど差がなくなっていますので、自分の環境に合ったプロバイダーを探して下さいね。

 

>> プロバイダー料金ランキングはこちら <<

プロバイダー料金比較【Q&A】関連ページ

プロバイダー料金ランキング?安いプロバイダー【月額料金ランキング】
プロバイダー料金をランキング化しました。とにかく料金が一番大事という方はこちらの月額料金ランキングを見ればドコがお得なのか一目瞭然です!安いプロバイダーを選んで節約しましょう。
プロバイダー料金選び方?必要な機能で選ぶ【後悔しないために】
プロバイダーを料金で選ぶためにまずは、必要な機能が何なのかを決めておきましょう。最低限の条件は、「光のスピードを活かせる」というところでしょう。必要最小ならば最安のプロバイダーを選べるかも。
プロバイダー料金よくある質問?安くても安心するために【お悩み解決】
プロバイダー料金に関してもいろいろな疑問があります。その中でも、安くても大丈夫かというのは大きなテーマですね。安いプロバイダーはなぜ安いのか、など疑問を解消していきましょう。
プロバイダー料金比較?フレッツ光BIGLOBEOCNは安い?【一覧で選ぶ】
プロバイダーの料金を比較して一覧から選んでみましょう。フレッツ光で有名なBIGLOBEやOCNはだいたいどれぐらいの料金帯なのか、それより安いところはどういう違いがあるのかコチラをご覧ください。
プロバイダー料金MVNOって何?外出先でも節約【モバイル通信を安く】
MVNOというのは、無線通信設備を借りてサービスを提供する事業者のことで、日本通信などが有名ですね。いろいろな会社が参入を開始していて、中には低速通信ながらも1ヵ月で1,000円以下のところも。
プロバイダー料金オプション費用は?全国平均【適正料金を知るために】
プロバイダー料金のオプション費用というのは、ウイルス対策やフィルタリングサービス、テレビや電話などの料金のことです。ここが適正かどうかを知っておけば、料金の不満を解消できるかも。
プロバイダー料金相場・平均はいくら?安さの基準【私,払い過ぎ?】
プロバイダー料金には、ある程度【相場】というものがあります。料金の平均としてどれぐらいが基準になっているのかを知っておけば、払い過ぎなどの心配がありませんから安心です。
プロバイダー料金支払?まとめて払って割引が?【プロバイダパック】
プロバイダー料金の支払いをまとめてしまうプロバイダーパックがお得です。料金をまとめてしまうだけでなく、12ヵ月契約や24ヵ月契約で料金をさらに安くすることができるところもあります。
プロバイダー料金節約?知らずに契約するサービス【必要性を見直そう】
プロバイダー料金の節約をするには、まず知らずのうちに契約している(またはする可能性のある)サービスに注目してみましょう。電話をつかわないのに、ひかり電話のパック料金に入ってたりしませんか?

トップページ 料金徹底比較 料金ランキング よくある質問 NTT公式サイト